2022年11月28日

女性介護士の結婚後の働き方

結婚後の女性介護士の働き方というのは、実に多様です。最も多いのが、フルタイム勤務です。介護の仕事が好きで、結婚後も仕事をやめずにそのまま働き続けるという女性介護士が多いのも、この仕事の特徴と言えるでしょう。
介護職というのは実務経験が確実にキャリアに結びつくことから、きちんとキャリアを積んだ上で、自分の思い描くポストに付けるように継続して介護士の仕事に従事するという女性介護士は少なくないです。

その一方で、フルタイム勤務にこだわらずに介護士としての働き方を模索する女性介護士もいます。この場合、出産を機に一度介護職から離れますが、子供に手がかからなくなったときにパートタイムや派遣といった形で介護士に復帰する人も多いです。
介護業界というのは慢性的な人手不足に悩まされているため、資格のある人はどのような勤務形態であれ、歓迎するといった傾向が見られます。そのため、資格を生かして介護士のパートとして働いたり、または、訪問介護など形を変えて介護の仕事に携わる女性介護士も多いです。

このように、女性介護士は結婚後も様々な形で介護職に従事するという人が多いことがわかります。また、介護業界もパートタイムや訪問介護の担い手を必要としているため、女性介護士の求める多様な働き方を積極的に提供できるよう力を入れています。
介護業界が人手不足であるからこそ、女性介護士が状況に応じてフレキシブルに働くことができる職場環境の充実がこの業界には不可欠なのです。