2022年5月17日

男性介護士の結婚が難しい理由と対処法

介護士として働いている男性の中には結婚ができないことで頭を悩ませている人も多くいます。男性介護士の結婚が難しいと言われる理由の一つが収入です。
職種による若干の違いはありますが、介護士の平均年収は300万円前後と職種全体の平均を下回っています。時代の移り変わりで共働きを選択する夫婦も増えているとはいえ、女性は出産や育児などで一時的に働けなくなるケースも少なくありません。低収入による生活への不安を感じ女性が避けてしまう傾向があります。
この問題を解決する有効な手段がキャリアアップです。介護士の収入は資格や役職によって異なります。専門性の高い資格を取得してキャリアアップを図ることで高収入を得ることもできます。

収入と並んで男性介護士の結婚を難しくさせる要因が不規則な生活です。有料老人ホームなど要介護者が施設内で生活をする場所で働く場合、必然的に日勤と夜勤のシフト勤務になります。休日も交代で取る形となるため、仮に結婚をしてもすれ違いになる可能性が高いのは否めません。すれ違いは離婚の大きな原因となるため、この点に不安を感じる女性もたくさんいます。
この問題は転職などで解決することが可能です。デイケアや訪問介護のように夜勤のない職場を選べば一般的な会社員と同じサイクルで生活ができるようになります。ただし、この選択をすると夜勤の時に貰える手当てが無くなることで収入が減ってしまうケースもあるので注意が必要です。